<< SLR Magic 35mm ... 角島大橋 〈HDR〉 >>
「廃車」という名の樹 〈HDR〉
質感よりも雰囲気重視で仕上げてみました^^
今の体調だからこそ出来るこの怪しい仕上げ(笑
いつものテンションならまず思いつきません。
a0139310_2153989.jpg

5shot RAWよりHDR(Photomatix, Topaz Adjust, Photoshop)

因みに正体はこいつです。
って、誰でもわかりますよね^^
a0139310_2154419.jpg

5shot RAWよりHDR(Photomatix, Topaz Adjust, Photoshop)



このブログを見ている方は、なんでもかんでもHDRにしてるように思えるかもしれませんね^^
確かにその傾向はありますので否定はいたしません(笑
HDRにする理由は、HDRにすることそのものが目的ではなくて、HDR合成されたイメージからは
より多くの異なるイメージを作成することが可能となり、表現の幅が広がるからです。
中にはHDRと相性の悪いシーンもありますので、それを無視してまではやりませんし
もともと普通に撮った写真も大好きなので、そっちの方が良ければ特別弄らずに残しておきます。
いや、どちらかといえば自分のHDDには弄っていない写真が9割以上あるくらいです。

今回の場合もHDRにするべきか、しなくても同じようなイメージは可能なのか
色々と考える部分はあると思います。
レタッチが得意な方なら、HDRにしなくとも可能かもしれませんね^^
しかし、自分はちょっと無理・・・(笑

この日の空は日差しが強く、良い条件ではありませんでした。
よってオートブラケットで±2EV(計5枚)から合成することにしました。
本当は±3EVの7枚が欲しかったのですが手持ちだったので諦めました(笑

撮影結果とHDR合成直後のイメージを↓にアップします。
a0139310_1248471.jpg


ご覧のようにRAWの現像だけではどうしようもない部分があるのがお分かりでしょうか?
HDR合成し終わったばかりのイメージはなんの特徴もなく、面白くも何ともないですが
逆にこれから弄っていく素材としては自分にとっては良い状態です。
最終的にどのようなイメージにすると明確に決まっている場合は、HDR合成の段階で
ある程度、特徴的なものに仕上げてしまいます。

今回は半分から上はHDRにすることによるメリットがあったのですが
下半分は、垂れた草を車から生えた“根”にたとえるため、それを目立たせたかったのですが
それがHDRによって、逆に目立たない結果となったので、そこにはメリットはありませんでした。
なので、そこからのレタッチが面倒となります^^
そこからの作業はとても記録できないほどのもの(覚えていないという意味でw)ですが
結果としては下半分もHDRを元にしていなかったら、出来ていなかった可能性が高いと感じました^^
[PR]
by Tailslider64 | 2011-07-09 21:54 | HDR | Comments(0)
<< SLR Magic 35mm ... 角島大橋 〈HDR〉 >>